企業概要

COMPANY PROFILE

AsoBoysの価値観

AsoBoysは、遊んでいる少年のように、キラキラと楽しく働いていたい、SocialをAttract(社会を魅了)する人達でありたいという想いから名付けられました。

我々は、光り輝く個性の集団であり続けます。

Mission

女性がニコッと笑顔になる社会をつくる

Vision

孤育て・ワンオペ育児なき時代を創る

Value

正々堂々とまっすぐに生きる
変なプライドを持たずに素直である
遊び心を忘れない

 
 

代表メッセージ

私は、小学3年生の時に不登校でした。私には2つ上の姉がいるのですが、姉は小学5年生~中学卒業まで不登校で、姉弟二人とも学校に通っていない時期がありました。

当時は不登校が社会問題になり始めた頃でしたが、私は福岡の田舎で育ったので、周りには不登校の子どもがほとんどいませんでした。

私は学校に行かないことで両親からうるさく言われた記憶はありませんが、母は「また明日行きたくない。お腹が痛いと言ったらどうしよう。」と毎日考えていたそうで、子どもながら、「肩身が狭い思いをさせているかも。子育てって大変だな。」と思っていました。

私の家庭は、父はずっと仕事で家におらず、母、姉(中学生以降は祖母)とずっと一緒でした。親戚も女の子が3人がいて、周りに女性が多い環境でした。そのような環境で育ったので、母や姉をはじめ、女性が喜んでくれるのが嬉しくて、毎日今日あった面白いことを話して、みんなが喜んでくれるのを楽しみにしていました。

私は事業をするにあたり、人に喜んで貰い、その喜んでいただけた対価として報酬を得たいと思っております。私の中で喜ばせたいのは女性なので、女性が何で悩んでいるか、政府の統計を調査したり、ヒアリングする中で、20代後半~30代の女性の大半が、結婚、妊娠・出産、子育てで悩み、40代以降で子どもの教育について悩むという結果が出ていました。私はそういった背景や自身の経験から、子育てに関する事業をしたいと思っております。

この事業は、子育てママだけではなく、子育てに関わる全ての人が幸せになれる事業だと思っており、諦めずに挑戦し続ける覚悟です。よろしくお願いします。

代表取締役社長 田中良平

 
 

会社概要

企業名 AsoBoys株式会社
設立年月日 2019年12月25日
代表者 代表取締役社長 田中良平
事業内容 子育てプラットフォームの構築・運営
取引銀行 PayPay銀行
所在地 東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山内
顧問弁護士 サンフラワー法律事務所
弁護士 廣瀬真利子

 
 

ページトップへ矢印